トップページ


地球は、1万1700年前に始まった完新世から、近現代の人間活動、人口爆発の影響で、1950年前後に新たな地質時代であるアトロポセン:Anthropocene=人新世(「ひとしんせい」または「じんしんせい」と読む)に入ったといわれる。


人間による地球環境の激変がもたらすものである。


この激変をどう防ぐのか、人類はいかに生きていくべきか、それが本書のテーマであり、その鍵は「物質と生命の循環」の回復にある。


(本書 中表紙裏の記述より)

 


石坂匡身・大串和紀・中道宏著
四六版 232頁 ISBN: 978-4-540-19212-8
令和2年3月10日 (一社)農山漁村文化協会 発行
定価 1,800円+税

新着情報

投稿記事がありません。